トップページ > 沖縄

沖縄移住を成功させたいならお試し移住が不可欠

906 views

沖縄移住の失敗は、沖縄を知らないということが原因

です。観光で何度訪れても失敗のリスクは小さくできません。失敗のリスクを小さくしたければ、

数ヶ月のお試し移住が最低でも必要

です。

沖縄ではマンスリーマンションの需要が結構大きいので、インターネットで部屋探しに苦労することはないと思いますが、部屋が希望する地域に有り、安心して契約ができ、交通や買い物の利便性が良く、入退居が容易という点からお勧めしたいのは、沖縄本島全域に展開しているレオパレスです。(レオパレスのサイトはこちらから

滞在中は、週末ツアーの短期滞在の方も含めてお勧めしたいのが、体験ツアーへの参加です。体験ダイビングだけでなく、地域の方々と交流機会の多い体験ツアーを選んでください。ベストなのは、フリープランで来て、地元の人も参加する様々な体験教室を選ぶことです。ここでは、観光客向けですが、多くの体験ツアーがある「沖縄トラベルナビ」を紹介しておきます。ネットで探せば地元の旅行会社やお店が企画した体験ツアーや教室が結構あります。もちろんインターネットから申し込めます。

人見知りで、素直で、軽くて、ルーズな沖縄県民をあなたは受け入れられるのか

、この機会にしっかりと確認しておいてください。

時間はあるけど金が無いという方には、沖縄のリゾート地でバイトをしながらウチナーンチュ(沖縄県民)になれるかどうかの自己確認をお勧めします。寮で暮らすことになるので、県民性のマイナス部分もしっかり把握できますよ。

左の写真をクリックすると「みんなのリゾートバイト はたらくどっとこむ」サイトに移動します。

職が無いと沖縄に来れないという方には、リクナビの沖縄での求人情報サイトをご案内します。県外に転勤できる求人情報がメインですので、移住は諦めても仕事を失うことのない企業を探せます。

最後に、お試し移住をするまでもなく、移住に不向きな方というのはわかります。それは

人付き合いが嫌いな方

です。沖縄県民はとにかく地縁血縁を大事にします。親類縁者の集まりはもちろん、自治会、青年会、職場に同業組合に連合会、モアイに同窓会まで、村中総出的な集まりが那覇市に住んでいても当たり前に多いです。特に、田舎に住みたいと考えている方は、

向こう三軒両隣と親戚付き合いをする覚悟が必要

でしょう。程度の差はもちろんありますが、とにかく沖縄では独りにしてくれません。

以上



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ参考になりましたら、クリックをお願いします。日本ブログ村に参加してます