トップページ > 中小企業診断士一次試験対策(財務・会計) > 売上原価と棚卸減耗損

売上原価と棚卸減耗損

4 views

中小企業診断士一次試験対策(財務・会計)平成27年度問題

1.売上原価とは、売れた商品を仕入れるのにかかったお金のこと

したがって、売上原価は、仕入れ総額から売れ残った商品総額を引いた額になる。つまり、

売上原価 = 期首商品棚卸高 + 当期商品仕入高 -  期末商品棚卸高

2.棚卸減耗損とは、帳簿棚卸数量と実地棚卸数量との差額

解答は、設問の金額を1の式に当てはめると、120,000円 + 650,000円 – (1,300個 × 100円) =640,000円・・・A
設問の数量と単価を2の式に当てはめると、(1,300個 – 1,000個) × 100円 = 30,000円・・・B
Bは売上原価に含めるのだから、A + B = 640,000円 + 30,000円 = 670,000円


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ参考になりましたら、クリックをお願いします。日本ブログ村に参加してます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA