トップページ > iPhone 4s > iPhone4sと無線LANの使えるインターネット環境を同時に手に入れる

iPhone4sと無線LANの使えるインターネット環境を同時に手に入れる

783 views

iPhoneユーザーは、家庭でインターネットを使っているはずです。パソコンとiPhoneで。おせっかいにも無線LANがお奨め記事を掲載したばっかりに、ご同輩から「わからん!」のお叱りを受ける羽目に。「2歳の孫も普通に使いこなしてるけど!」と心の中で叫びつつ、今回が関連記事の第三段。「DTIにしたらいいさ~」と突き放すわけにもいかないので、以下の条件に当てはまる方限定で、購入するだけで無線LAN環境を構築できる方法をご紹介します。

1.ソフトバンクユーザーか、ユーザー予定の人(auユーザーには薦めません)

2.今すぐ無線LANの環境が必要な人

が対象です。以下で手順を説明します。

1.左図の「ULTRA WiFi 4G」をクリックして、4Gのサイトに移動します。4Gは3Gの後継で光回線よりも早い電話回線くらいの意味ですが、4Gで電話をかける時代がいつ来るのかは未定です。少なくとも、iPhone5からは4Gが使えるでしょうから、外でWi-Fi(無線LAN)の使える場所を探す必要は無くなるものと期待しています。ということで、

今年は4G元年。4Gが使えるiPhoneが出るまで待ったほうがいいですよ。

待てないという方は2に進んでください。

2.赤枠の「モバイルデータ通信対応エリア」をクリック。



3.赤枠1で対応機種が「101SI」であることを確認して、赤枠2の「対応エリアの詳細を見る」ボタンをクリック。



4.日本地図が表示されますので、お住まいの地域をクリックしてください。例示では九州・沖縄を選んでいます。



5.赤枠1の私の住んでいる那覇市を見てみます。すると赤枠2の説明でわかるように「2012年8月以降拡大予定のサービスエリア」に色分けされています。首を長くして待つしかないようです、ご同輩。


6.サービスが提供中の方は、左の画像「ULTRA WiFi 4G」をもう一度クリックして最初のサイトに戻ります。

7.表示されたサイトの下段にある下図の赤枠「4Gデータし放題」をクリック。



8.表示されたサイトをよくご検討のうえ、赤枠1の「お申し込み」をクリック。赤枠2の金額は、ソフトバンクユーザーでない方の金額。ソフトバンクユーザーは9をご覧ください。



9.ソフトバンクユーザーなら赤枠の金額になります。他社と契約する場合に比べ金額はほぼ同じでメリットはありません。iPhoneとの相性を心配する必要がないので、端末機器をどれにしようかと悩む苦労がないというだけのメリットです。ほんとにそれだけなんですけど。



10.上記9の赤枠1の「お申し込み」をクリックするとこの画面になります。残念ながらネットから申し込みができないので、赤枠の「全国のソフトバンクショップ検索」ボタンをクリックして、お近くのソフトバンクショップでお申し込みください。



11.契約が済んで端末機器(101SI)を設置する段になりましたら、同梱されている下図のシールを見て端末機器(101SI)の設定をしてください。これだけで無線LAN環境が手に入ります。が、下図を見て難しそうだと思ったら・・・、契約しないでください。以上です。


しつこいですけど

インターネットはすでに無線LANオンリーの時代です。

高速の新サービスが目前に迫っています。パソコンはWi-Fi、iPhoneは3Gで、と使い分ける時代は終わりました。パソコンもiPhoneも4Gを使う時代です。電話回線のスピードが光回線を追い越す時代になったからです。

iPhone関連の契約は、少なくともiPhone5が出るまでは一切しない、がベターです。

わかったか!ご同輩



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ参考になりましたら、クリックをお願いします。日本ブログ村に参加してます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA