トップページ > 病から学ぶ > 病から学んだこと

病から学んだこと

166 views

病気になると誰もが不安になります。

治るんだろうか、後遺症が残らないだろうか、死なないだろうかなどなど。しかし、その不安がプラスにも働きます。それは、

自分の人生に不可欠なものが明確になることです。

仮に、あなたが余命3ヶ月と宣告されたら、今までどおりの日常生活を送りながら死を待てますか?「死にたくない」から「仕方ない」までの葛藤に至ると、多くの人が感謝の言葉を口にし、多くのことを語り継ごうとし、残された時間を大切に使おうとします。死が身近なものになると、人は生きている理由を再認識できるからです。具体的には、家族のために働いてきたはずなのに、死が迫ると家族を犠牲にして自分のために働いていた過ちに気づくというパターンが一般的です。

病気になるメリットは不安から来るものだけではありません。

死を忌み嫌い避けるだけの人生から、死を意識した人生に変える

だけで、「大変だ!」の多くは小変で、大事の多くは小事で、

悩み悲しみ怒りの多くは不要

だということがわかります。

スピリチュアルに病気からの救いを求める人も多くなりましたが、

他力本願で治る病気はありません

ので、自力本願のためにスピリチュアルの手法を借りるのでなければ百害あって一利なしです。

霊障による病を否定するつもりはありませんが、気の持ちようで解決(除霊)できるので、霊障の有無にかかわらず

自分を病人扱いしない

ことです。

病だけでなく、ドン底状態のときに読んでいただきたい本がありますので紹介します。自分の内面を知るためには、自分自身(神)との対話が不可欠です。自分の深層心理とぜひ向き合ってみてください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ参考になりましたら、クリックをお願いします。日本ブログ村に参加してます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA