1 views

Last Update 2019.12.16

実現する機能

ブログサイト(WordPressで構築)をインターネットから訪問してもらうために、MyDNS.JPの無料ドメインとDNS(ドメインネームサーバー)使わせてもらってますが、手動で更新通知をしないと使えなくなります。定期的に以下のメールが飛んで来ます。(画像はクリックすると拡大表示)

そこで、今回は、自動で更新設定ができるようにしてみました。

以下に備忘録を残します。

事前準備

GNOME端末でviコマンドを使う方法を理解しておくこと。以下の記述ではGNOME端末を表示しています。紫色はキーボードから入力するコマンド(コピペした方が楽ですが、コマンドは覚えられません)、緑はコマンドや処理内容の説明、白は自動表示する部分、赤は注意書きです。

自動通知の設定手順

1.自動更新用シェルスクリプトの作成

#PCの設定には、ユーザー(tuは例示)から管理者(root)に変更。
[tu@ufuso ~]$ su-
#管理者(root)パスワードを入力(パスワードは表示されない)。
password:

tu部分がrootに変わったのを確認。
[root@ufuso ~]##自動更新スクリプト「mydns.sh」の作成。
[root@ufuso ~]# vi /usr/local/bin/mydns.sh
#「mydns123456」をあなたのmydnsIDに、「your-password」をあなたのmydnsIDのパスワードに置き換えること。「/var/tmp/ip_update.html」はダウンロードしたファイルの保存先で「-O」で指定。「-q」は詳細出力の省略オプション


#!/bin/bash
wget -q --user=mydns123456 --password=your-password -O /var/tmp/ip_update.html https://ipv4.mydns.jp/login.html

#実行権限の付与
[root@ufuso ~]# chmod +x /usr/local/bin/mydns.sh

自動更新するかをテスト。mydnsのサイトでテスト結果を確認すること(方法は下記3で解説)
[root@ufuso ~]# /usr/local/bin/mydns.sh

#毎日23時00分にIP自動通知スクリプトを実行するよう設定

[root@ufuso ~]# echo "0 23 * * * root /usr/local/bin/mydns.sh" > /etc/cron.d/ddns-update

2. 8日後に下のメールが飛んでこなければ成功。

3. MyDNS.JPサイトにログインして、赤枠1の「LOG INFO」をクリックし、表示される一覧から赤枠2のように、テストした時間に「UPDATE」の文字があれば成功。24時間以上間隔を開けてテストをしないと記録されないので注意

以上

2 Replies to “無料ドメインMyDNSのIP自動通知設定”

    1. コメントありがとうございます。
      御指摘のとおり、httpsでアクセスする方が安全です。
      それで自動更新できるか確認してみます。
      ありがとうございました。

hoge へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください