2,065 views

実現する機能

自宅サーバーでWordPressを使っているため、FTPサーバーがなければテーマやプラグインのインストールもアップデートもできません。そこで、Vsftpdを導入して、インストールやアップデートができるようにしました。レンタルサーバーならこんな苦労は無いのですが、SSLでID&パスワードの暗号化通信ができたりするので自宅サーバーでも安心です。

Vsftpdの導入手順

(1)Vsftpdのインストール

[root@ufuso ~]#yum -y install vsftpd ← flash-pluginのインストール
Installed:
  vsftpd.x86_64 0:2.2.2-11.el6                                                  

Complete!

(2)Vsftpdの設定

[root@ufuso ~]#vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf ← Vsftpdファイルの設定
# Allow anonymous FTP? (Beware - allowed by default if you comment this out).
anonymous_enable=NO ← YESをNOに変更して匿名利用ーの禁止

# By default the server will pretend to allow ASCII mode but in fact ignore
# the request. Turn on the below options to have the server actually do ASCII
# mangling on files when in ASCII mode.
# Beware that on some FTP servers, ASCII support allows a denial of service
# attack (DoS) via the command "SIZE /big/file" in ASCII mode. vsftpd
# predicted this attack and has always been safe, reporting the size of the
# raw file.
# ASCII mangling is a horrible feature of the protocol.
ascii_upload_enable=YES ← 行頭の#を削除して、アスキーモードでのアップロードを許可
ascii_download_enable=YES ← 行頭の#を削除して、アスキーモードでのダウンロードを許可

# You may specify an explicit list of local users to chroot() to their home
# directory. If chroot_local_user is YES, then this list becomes a list of
# users to NOT chroot().
chroot_local_user=YES ← 行頭の#を削除して、ディレクトリより上層へ行けるユーザーを制限
chroot_list_enable=YES ← 行頭の#を削除して、ディレクトリより上層へ行けるユーザーリスト使用
# (default follows)
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list ← 行頭の#を削除して、許可ユーザーのリストファイル指定
#
# You may activate the "-R" option to the builtin ls. This is disabled by
# default to avoid remote users being able to cause excessive I/O on large
# sites. However, some broken FTP clients such as "ncftp" and "mirror" assume
# the presence of the "-R" option, so there is a strong case for enabling it.
ls_recurse_enable=YES ← 行頭の#を削除して、ディレクトリ単位での一括転送を許可

local_root=public_html ← ホームディレクトリを/var/www/public_htmlとし、wwwより上層には行けないよう設定
use_localtime=YES ← タイムスタンプに日本時間を使う

[root@ufuso ~]# vi /etc/vsftpd/chroot_list ← 上層アクセスユーザーリストの作成
tu ← 上層アクセスユーザーに自分のユーザー名のみ登録

[root@ufuso ~]# /etc/rc.d/init.d/vsftpd start ← Vsftpdの起動 
vsftpd 用の vsftpd を起動中:                               [  OK  ]
[root@ufuso ~]#  chkconfig vsftpd on ← Vsftpdの自動起動設定

(3)SSL/TSLの設定

[root@ufuso ~]#cd /etc/pki/tls/certs ← certsディレクトリへ移動

[root@ufuso certs]# openssl req -x509 -nodes -newkey rsa:1024 -keyout /etc/pki/tls/certs/vsftpd.pem -out /etc/pki/tls/certs/vsftpd.pem
 ← サーバー証明書の作成
Generating a 1024 bit RSA private key
...................++++++
.++++++
writing new private key to '/etc/pki/tls/certs/vsftpd.pem'
-----
You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
There are quite a few fields but you can leave some blank
For some fields there will be a default value,
If you enter '.', the field will be left blank.
-----
Country Name (2 letter code) [XX]:JP ← サーバーのある国名を入力してエンター・キーを押す(以下同じ)
State or Province Name (full name) []:Okinawa ← 都道府県名
Locality Name (eg, city) [Default City]:Naha ← 市区町村名
Organization Name (eg, company) [Default Company Ltd]:ShikakiraCS ← 組織名(ホスト名も可)
Organizational Unit Name (eg, section) []: ← 部課名(無入力もOK)
Common Name (eg, your name or your server's hostname) []:ufuso.dip.jp ← ホスト名
Email Address []:tu@ufuso.dip.jp ← 障害時等の連絡先メールアドレス

[root@ufuso certs]# chmod 600 vsftpd.pem ← ファイルへの外部アクセス禁止

[root@ufuso certs]#  vi /etc/vsftpd/vsftpd.conf ← vsftpdファイルに設定追加
 以下を最終行に追記
rsa_cert_file=/etc/pki/tls/certs/vsftpd.pem ← サーバー証明書を指定
ssl_enable=YES ← SSLの有効化
force_local_data_ssl=NO ← 通信のSSL使用を強制しない
force_local_logins_ssl=NO ← ユーザー認証のSSL使用を強制しない

※SSL使用を強制するとWordPressで「wp-contentディレクトリが見つかりません」というエラーが出る

[root@ufuso certs]# /etc/rc.d/init.d/vsftpd restart ← vsftpdの再起動
vsftpd を停止中:                                           [  OK  ]

(4)動作確認のためにWordPressでプラグインをインストールしてみました。sslは使えませんでしたが、ダウンロードは成功しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください