1 views

実現する機能

外部から自宅サーバー「http://ufuso.dip.jp」にアクセスすると、プロバイダーから提供されているルーター(192.168.24.1)がちゃんと自宅サーバー(192.168.24.240)に繋いでくれますが、自宅のWindowsノートパソコン(192.168.24.3)から自宅サーバー「http://ufuso.dip.jp」にアクセスすると繋いでくれません。ドメインufuso.dip.jpがIPアドレス192.168.24.240と同じパソコンのものだよと教えてくれるDNSサーバー(BIND)が家庭内LAN内には無いからです。

そこで、自宅サーバーに自宅のWindowsノートパソコンやiPhone7からアクセスできるように自宅用のDNSサーバー(内部DNSサーバー)を構築してIPアドレス(192.168.24.240)だけではなく、ufuso.dip.jpでもアクセスできるようにしました。

事前準備

ieServer.Net(無料)やDynamic DO!.jp(無料)やお名前.com(有料)などからドメインを取得済であること

BIND導入手順

1 BINDインストール

[root@ufuso ~]# yum -y install bind ← bindインストール
インストール:
  bind.x86_64 32:9.9.4-50.el7_3.1                                              

完了しました!

2 BIND設定

[root@ufuso ~]# echo OPTIONS="-4" >> /etc/sysconfig/named
  ← IPv4のみ有効にする(error (network unreachable) resolvingというエラーログの
出力抑止)

[root@ufuso ~]# vi /etc/named.conf ← BIND設定ファイル編集
//
// named.conf
//
// Provided by Red Hat bind package to configure the ISC BIND named(8) DNS
// server as a caching only nameserver (as a localhost DNS resolver only).
//
// See /usr/share/doc/bind*/sample/ for example named configuration files.
//

options {
        #listen-on port 53 { 127.0.0.1; }; ← 行頭に#を追加して無効化
        #listen-on-v6 port 53 { ::1; }; ← 行頭に#を追加して無効化
        version         "unknown"; ← bindのバージョン情報の非表示化 
        listen-on-v6 { none; };
        directory       "/var/named";
        dump-file       "/var/named/data/cache_dump.db";
        statistics-file "/var/named/data/named_stats.txt";
        memstatistics-file "/var/named/data/named_mem_stats.txt";
        allow-query     { localhost; 192.168.24.0/24; }; ← サーバーと同じネット
ワーク内からの問合せも許可
        /*
         - If you are building an AUTHORITATIVE DNS server, do NOT enable recursion.
         - If you are building a RECURSIVE (caching) DNS server, you need to enable
           recursion.
         - If your recursive DNS server has a public IP address, you MUST enable access
           control to limit queries to your legitimate users. Failing to do so will
           cause your server to become part of large scale DNS amplification
           attacks. Implementing BCP38 within your network would greatly
           reduce such attack surface
        */
        recursion yes;

        dnssec-enable yes;
        dnssec-validation yes;

        /* Path to ISC DLV key */
        bindkeys-file "/etc/named.iscdlv.key";
         forwarders{
                192.168.24.1; ← ルーター経由接続環境の場合なのでルーターのIP
アドレスを指定。
                8.8.8.8; ← プロバイダから通知されたDNSサーバー(プライマリ)
のIPアドレスを指定。不明なのでGoogle Public DNSを指定
                8.8.4.4; ← プロバイダから通知されたDNSサーバー(セカンダリ)
のIPアドレスを指定。不明なのでGoogle Public DNSを指定
                };
        managed-keys-directory "/var/named/dynamic";

        pid-file "/run/named/named.pid";
        session-keyfile "/run/named/session.key";
};

logging {
        channel default_debug {
                file "data/named.run";
                severity dynamic;
        };
};

view "internal" {
        match-clients {
                localhost;
                192.168.24.0/24; ← サーバーと同じネットワークを追加
        };
        zone "." IN {
                type hint;
                file "named.ca";
        };
        zone "ufuso.dip.jp" IN { ← 正引きゾーン名「ufuso.dip.jp」を指定
                type master;
                file "ufuso.dip.jp.lan"; ← 正引き設定情報の保存ファイル名を指定
                allow-update { none; };
        };
        zone "24.168.192.in-addr.arpa" IN { ← 逆引きゾーン名「24.168.192
.in-addr.arpa」を指定
                type master;
                file "24.168.192.db"; ← 逆引き設定情報の保存ファイル名を指定
                allow-update { none; };
        };
include "/etc/named.rfc1912.zones";
};


3 内部向け正引きゾーンデータベース(ドメイン名⇒IPアドレス)作成

[root@ufuso ~]# vi /var/named/ufuso.dip.jp.lan ← 正引きゾーンデータベース作成

$TTL 86400
@   IN  SOA     ufuso.dip.jp. root.ufuso.dip.jp. (
        2011071001  ;Serial
        3600        ;Refresh
        1800        ;Retry
        604800      ;Expire
        86400       ;Minimum TTL
)

        IN  NS      ufuso.dip.jp. ← ネームサーバー定義
        IN  A       192.168.24.240 ← サーバーのプライベートIPを指定(ufuso.dip.jp用)
        IN  MX 10   ufuso.dip.jp. ← メールサーバー定義
        IN  A       192.168.24.240 ← サーバーのプライベートIPを指定(*.ufuso.dip.jp用)


4 内部向け逆引きゾーンデータベース(IPアドレス⇒ドメイン名)作成

[root@ufuso ~]#  vi /var/named/24.168.192.db ← 逆引きゾーンデータベース作成

$TTL 86400
@   IN  SOA     ufuso.dip.jp. root.ufuso.dip.jp. (
        2011071001  ;Serial
        3600        ;Refresh
        1800        ;Retry
        604800      ;Expire
        86400       ;Minimum TTL
)

        IN  NS      ufuso.dip.jp. ← ネームサーバー定義
        IN  PTR     ufuso.dip.jp. ← IPアドレスに関連付けるホスト名を定義
        IN  A       255.255.255.0 ← ドメインが属する範囲の定義
240     IN  PTR     ufuso.dip.jp. ← IPアドレスに関連付けるホスト名を定義

5 BIND起動

[root@ufuso ~]# systemctl start named ← BIND起動

[root@ufuso ~]# systemctl enable named ← BIND自動起動設定
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/named.service to /usr/lib/systemd/system/named.service.

6 本サーバーをDNSサーバーとして登録
赤枠1のネットワークアイコンをクリックして、接続しているifcfgの名称を確認します。下図では赤枠2になります。
bind01

[root@ufuso ~]# cd /etc/sysconfig/network-scripts
 ← network-scriptsフォルダへ移動

[root@ufuso network-scripts]# vi ifcfg-enp2s0 ← enp2s0ファイルの編集
DEVICE=eth0
HWADDR=90:E6:BA:C9:DE:B3
TYPE=Ethernet
UUID=1a318fab-faa0-4487-832e-3000d65b7b81
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=none
IPADDR=192.168.24.240
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.24.1
DNS1=192.168.24.240 ← 本機を第1DNSサーバーとして追記
DOMAIN=ufuso.dip.jp
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=yes
IPV6INIT=no
NAME="System eth0"
DNS2=192.168.24.1 ← ルーターを第2DNSサーバーにする

[root@ufuso network-scripts]# cd ← network-scriptsフォルダから移動

[root@ufuso ~]# systemctl restart network ← networkの再起動

7 UDPの53番ポートとTCPの53番ポートをオープンする
ルーターの設定で、UDPの53番ポートとTCPの53番ポートへのアクセスをサーバーに転送するようにする。下図はauひかりのルーターでの設定例。

8 BIND確認(クライアントがWindowsの場合。下のやり方でうまく行かない場合はこちら)

C:>nslookup ← nslookup起動
Default Server:  ufuso.dip.jp
Address:  192.168.24.240

> ufuso.dip.jp ← サーバーの正引きテスト
Server:  ufuso.dip.jp
Address:  192.168.24.240

Name:    ufuso.dip.jp
Address:  192.168.24.240 ← IPアドレスが返ってきた

> 192.168.24.240 ← サーバーの逆引きテスト

Server:  ufuso.dip.jp
Address:  192.168.24.240

Name:    ufuso.dip.jp ← ドメイン名が返ってきた
Address:  192.168.24.240
> exit ← nslookup停止

C:>

9 BIND確認(クライアントがLinuxの場合)


[root@ufuso ~]# dig ufuso.dip.jp ← サーバーの正引きテスト

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6_4.6 <<>> ufuso.dip.jp
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 56900
;; flags: qr aa rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;ufuso.dip.jp.			IN	A

;; ANSWER SECTION:
ufuso.dip.jp.		86400	IN	A	192.168.24.240 ← IPアドレスが
返ってきた

;; AUTHORITY SECTION:
ufuso.dip.jp.		86400	IN	NS	ufuso.dip.jp.

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.24.240#53(192.168.24.240)
;; WHEN: Sun Dec 15 15:25:51 2013
;; MSG SIZE  rcvd: 60

[root@ufuso ~]# dig -x 192.168.24.240 ← サーバーの逆引きテスト

; <<>> DiG 9.8.2rc1-RedHat-9.8.2-0.17.rc1.el6_4.6 <<>> -x 192.168.24.240
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 18792
;; flags: qr aa rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 1, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 1

;; QUESTION SECTION:
;240.24.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR

;; ANSWER SECTION:
240.24.168.192.in-addr.arpa. 86400 IN	PTR	ufuso.dip.jp. ← ドメイン名が
返ってきた

;; AUTHORITY SECTION:
24.168.192.in-addr.arpa. 86400	IN	NS	ufuso.dip.jp.

;; ADDITIONAL SECTION:
ufuso.dip.jp.		86400	IN	A	192.168.24.240

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.24.240#53(192.168.24.240)
;; WHEN: Sun Dec 15 15:26:01 2013
;; MSG SIZE  rcvd: 101

10 chroot環境への移行

[root@ufuso ~]# yum -y install bind-chroot ← chrootのインストール 
インストール:
  bind-chroot.x86_64 32:9.9.4-50.el7_3.1                                       

完了しました!

[root@ufuso ~]# /usr/libexec/setup-named-chroot.sh /var/named/chroot on ← chrootの起動

[root@ufuso ~]# systemctl stop named ← namedの停止

[root@ufuso ~]# systemctl disable named ← namedの自動起動停止
Removed symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/named.service.

[root@ufuso ~]# systemctl start named-chroot ← chrootの起動

[root@ufuso ~]# systemctl enable named-chroot ← chrootの自動起動設定
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/named-chroot.service to /usr/lib/systemd/system/named-chroot.service.

[root@ufuso ~]# ll /var/named/chroot/etc ← chroot環境への移行確認 
合計 24
-rw-r--r--. 2 root root   292  3月 28 01:34 localtime
drwxr-x---. 2 root named    6  7月  5 19:15 named
-rw-r-----. 1 root named 2351  8月 26 02:17 named.conf
-rw-r--r--. 1 root named 3923  7月  5 19:15 named.iscdlv.key
-rw-r-----. 1 root named  931  6月 21  2007 named.rfc1912.zones
-rw-r--r--. 1 root named 1587  5月 22 22:10 named.root.key
drwxr-x---. 3 root named   25  8月 26 02:23 pki
-rw-r-----. 1 root named   77  8月 26 02:08 rndc.key

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください