実現する機能

CentOS-Stream 8 は10Gを超えるため、インストールDVDを作成するのは簡単ではありません。そのため、インストール環境を設定してくれるBootable-DVDを先に作成し、インストールDVD本体をUSBに保存してCentOS-Stream 8 をインストールしました。最初にDVD作成ソフトをインストールする必要があったため、今回はインストール環境を設定してくれるDVD作成までの備忘録です。

DVD作成ソフトBrasero(ブラセーロ)をInstall

以下の黒背景部分はGNOME端末を表示しています。紫色はキーボードから入力するコマンド(コピペした方が楽ですが、コマンドは覚えられません)、緑はコマンドや処理内容の説明、白は自動表示する部分、赤は注意書きです。「tu」部分はあなたのUser名に置き換えてください。

#ユーザーをtuからrootに変更
[tu@mac ~]$ su - 
パスワード: ← rootのpasswordを入力。表示はされないので注意

#BraseroをInstallする場合のソフト名を確認
[root@mac ~]# dnf -y install braserosudo
メタデータの期限切れの最終確認: 2:23:17 時間前の 2021年12月30日 07時02分17秒 に実施しました。
依存関係が解決しました。
...
...
...
インストール済み:
  brasero-3.12.2-5.el8.x86_64            brasero-libs-3.12.2-5.el8.x86_64      
  cdparanoia-10.2-27.el8.x86_64          cdparanoia-libs-10.2-27.el8.x86_64    
  cdrdao-1.2.3-32.el8.x86_64             dvd+rw-tools-7.1-27.el8.x86_64        
  icedax-1.1.11-39.el8.x86_64            libburn-1.4.8-3.el8.x86_64            
  libisofs-1.4.8-3.el8.x86_64            libmad-0.15.1b-25.el8.x86_64          
  vorbis-tools-1:1.4.0-28.el8.x86_64     wodim-1.1.11-39.el8.x86_64            

完了しました!

■CentOS-Stream 8 イメージファイルのダウンロード手順

1.ブートDVDのイメージファイルををダウンロードするには、下図のCentOS-Stream 8 のサイト(こちらから)を開いて、赤枠の「 CentOS-Stream-8-x86_64-20211214-boot.iso」をクリックします。(図はクリックすると拡大します。以下同じ)

2.上図赤枠をクリックするとファイルのダウンロード画面が出てきますので、下図赤枠1の「ファイルを保存する」をクリックし、赤枠2の「OK」をクリックします。

3.ダウンロードが始まると赤枠の円グラフが表示されます。それをクリックするとダウンロード所要時間の予測が表示されます。下図はFirefoxのダウンロード画面ですので、他のブラウザでは赤枠部分が異なります。

DVDの作成方法

1.「ホーム」フォルダを開いて、赤枠1の「ダウンロード」をクリックし、表示される一覧から赤枠2の「boot.iso」を右クリックし、さらに表示される一覧から赤枠3の「別のアプリケーションを開く」をクリック(画像はクリックすると拡大表示。以下同)

2.表示される一覧から、赤枠1の「Brasero」をクリックして、赤枠2の「選択」をクリック

3.赤枠の指示通りDVDディスクを入れる

4.DVDディスクをDVD-Driveに入れると下の画面になるので、赤枠の「書き込む」をクリック

5.書き込みが完了するとDVDディスクが排出されて下図の画面になるので、赤枠の「閉じる」をクリック

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください