1 views

実現する機能

CentOSで自宅サーバーを構築運用して7年目になりますが、3TBの外付けUSBハードディスクが毎日フリーズしたり、買い替えたパソコンのGraphicカードを認識してくれなかったりとWindowsより便利という環境ではなくなったので、今月から「Ubuntu(ウブントゥ)Desktop 日本語 Remix14.04 amd64」を自宅サーバーで試しています。「Ubuntu Desktop 日本語 Remix14.04 amd64」を選んだ理由は、Windowsに勝る使い勝手のよさと簡単に自宅サーバーを構築できるという宣伝文句です。なにせUbuntuを使うのは今回が初めてなので。
以下はその備忘録です。(64ビット版をインストールします。32ビット版も手順は同じです。)

事前準備

Ubuntu 14.04 インストールDVDの作成

Install手順

1.赤枠の「Ubuntuをインストール」をクリックします。「Ubuntuを試す」をクリックすると、インストールせずにUbuntuが使えます。(画像をクリックすると拡大表示されます。以下同じ)
ubuntu-01
2.赤枠1の両方にチェックを入れて、赤枠2の「続ける」をクリックします。
ubuntu-02
3.OSを新規又は丸ごと入れ替えるなら赤枠1にチェックを入れ、自分で設定するなら赤枠2にチェックを入れ、赤枠3の「インストール」をクリックします。
ubuntu-03
4.赤枠1が「Tokyo」であることを確認して、赤枠2の「続ける」をクリックします。
ubuntu-05
5.赤枠1が「日本語」であることを確認して、赤枠2の「続ける」をクリックします。
ubuntu-06
6.赤枠1を任意に設定して、赤枠2の「続ける」をクリックします。インストールが始まります。
ubuntu-07
7.この画面になったらインストールは完了なので、赤枠の「今すぐ再起動する」をクリックします。
ubuntu-16
8.再起動後にログインすると下図の画面になります。
ubuntu-17
以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください