1 views

実現する機能

職場(市役所)ではMicrosoftのOfficeは使用禁止です。理由はLibreOfficeが使えれば業務に大きな支障は出ないからとのこと。それでも国や県から来るファイルはバリバリのMSOfficeなので、必要な場合だけアプリケーションサーバーからMSOfficeを使う申請をすれば、順番待ちで使えるという環境です。とても待っていられないので、みなLibreOfficeを使いこなしてしまい、MSOfficeがなくても不便を感じることがなくなりました。

LibreOfficeをインストールする手順

1.ここをクリックしてLibreOfficeのダウンロードサイトにアクセスし、表示される画面の赤枠「ダウンロード」をクリック
libre06

2.赤枠の最新バージョンをクリック
libre07

3.赤枠の「保存」をクリック(画面はFirefoxのポップアップ画面。以下同)
libre08

4.ダウンロードが終了したら、赤枠1の「↓」をクリックして、表示される赤枠2の「LibreOffice」のファイルをクリック
libre09

5.インストールウィザードが始まるので、赤枠の「次へ」をクリック
libre10

6.結構待たされます
libre01

7.インストールが始まるので、赤枠の「次へ」をクリック
libre02

8.赤枠1の「標準」を選んで、赤枠2の「次へ」をクリック。デスクトップにアイコンを表示させたくない場合にはチェック欄のチェックを外すこと
libre03

9.赤枠の「インストール」をクリック
libre04

10.赤枠の「完了」をクリックして終了
libre05

11.LibreOfficeのトップ画面
libre11
以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください