1 views

実現する機能

事務用ソフトにMicrosoft Officeを使っているなら、無料のLibreOfficeが代用品として使えます。私の職場は市役所ですが、すでに使っています。Microsoft Officeで作成したファイルが、読み書きできるというのがメリットなので、マクロやAccesを使っていないのであれば、LibreOfficeへの移行を強くお勧めします。拡張子を変えなければ、またMicrosoft Officeに戻ることもできますし、その間に変更したファイルを再度作成し直す必要もありません。

以下では、LibreOfficeの導入手順をご紹介します。

 下図はLibreOfficeのサイト。(図はクリックすると拡大表示されます。以下同じ)

LibreOfficeの導入手順

1.ここをクリックして、下の画面を表示させ、赤枠の「ダウンロード」をクリック

2.保存先の画面が表示されるので、赤枠の「保存」をクリック

3.赤枠1でダウンロードが完了したのを確認後クリックし、表示される画面の一覧から、赤枠2の「開く」をクリック

4.インストールを開始するために赤枠の「次へ」をクリック

5.「標準」インストールになっているので、問題がなければ赤枠2の「次へ」をクリック

6.赤枠2の「インストール」をクリック。デスクトップにアイコンを表示させたくない場合には赤枠1のチェック欄のチェックを外すこと

7.インストールが終了するとこの画面が表示されるので、赤枠の「完了」をクリック

ここをクリックするとMicrosoftサイトのテンプレート検索画面が表示されるので、仕事に必要なファイルをクリックしでダウンロードし、そのファイルをLibreOfficeで開いてみてください。LibreOfficeの実力がお分かりいただけると思います。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください