1 views

実現する機能

KVM(Kernel-based Virtual Machine) (ケーブイエム) は仮想化ソフトです。Ubuntu 14.04 amd64のテスト環境を構築し、様々なOSも試そうと考えています。

KVMを導入するためには、パソコンのプロセッサが「Intel VT」か「AMD-V」のどちらかでないと動作しません。

KVMの導入手順

(1)自宅サーバーが仮想化できるか確認

root@tu-ubuntu:~# egrep '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo ← 自宅サーバーがKVMで仮想化でき
るPCか調べる
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt rdtscp lm 3dnowext 3dnow rep_good nopl extd_apicid pni cx16 lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy 3dnowprefetch lbrv
 ← svm(Intelならvmx)とあるのでOK。
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush mmx fxsr sse sse2 ht syscall nx mmxext fxsr_opt rdtscp lm 3dnowext 3dnow rep_good nopl extd_apicid pni cx16 lahf_lm cmp_legacy svm extapic cr8_legacy 3dnowprefetch lbrv
 ← svm(Intelならvmx)とあるのでOK。

root@tu-ubuntu:~# lsmod | grep kvm ← kvmモジュールがロードされているか確認
kvm_amd                60026  0 
kvm                   455835  1 kvm_amd ← ロードされている

(2)KVMのインストール

root@tu-ubuntu:~#  aptitude -y install qemu-kvm libvirt-bin virtinst bridge-utils virt-manager
 ← 仮想化に必要なソフトをインストール
libvirt-bin start/running, process 10658
Setting up libvirt-bin dnsmasq configuration.
qemu-kvm (2.0.0+dfsg-2ubuntu1.10) を設定しています ...
Processing triggers for libc-bin (2.19-0ubuntu6) ...
Processing triggers for ureadahead (0.100.0-16) ...

root@tu-ubuntu:~# modprobe vhost_net ← オーバーヘッドを減らすvhost-netをインス
トール

root@tu-ubuntu:~# lsmod | grep vhost  ← インストールの確認
vhost_net              18063  0 
vhost                  29009  1 vhost_net
macvtap                18255  1 vhost_net

root@tu-ubuntu:~# echo vhost_net >> /etc/modules ← vhost-netを有効化

(3)ゲストOSがブリッジ接続できるようにブリッジネットワークを構成

root@tu-ubuntu:~# apt-get remove network-manager ← Bridgeが作成できないので
network-managerの削除

root@tu-ubuntu:~# vi /etc/network/interfaces ← Bridgeの作成
# interfaces(5) file used by ifup(8) and ifdown(8)
auto lo
iface lo inet loopback

# Bridge network interface ← Bridgeに変更
auto eth0
iface eth0 inet manual
 ← 以下、環境に合わせて追記
iface br0 inet static ← br0のIPは固定
address 192.168.24.240 ← br0のIPアドレス
network 192.168.24.0 ← ネットワークの範囲
netmask 255.255.255.0 ← br0のネットマスク
broadcast 192.168.24.255 ← br0のブロードキャストIP
gateway 192.168.24.1 ← 通常はルーターのIP
dns-nameservers 192.168.24.241 ← 内部DNSのIP
dns-nameservers 192.168.24.1 ← 通常はルーターのIP
bridge_ports eth0 ← eth0にブリッジ
bridge_stp off ← スパニングツリープロトコルをoff
auto br0 ← br0は自動起動


root@tu-ubuntu:~# reboot ← コンピュータを再起動

[root@tu-ubuntu:~# ifconfig  ← br0がIPアドレスを取得できているか確認
br0       Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス d0:50:99:3c:25:a3  
          inetアドレス:192.168.24.240  ブロードキャスト:192.168.24.255  マスク:255.255.255.0
          inet6アドレス: 240f:ce:c998:1:49ea:f020:9f22:a12b/64 範囲:グローバル
          inet6アドレス: 240f:ce:c998:1:d250:99ff:fe3c:25a3/64 範囲:グローバル
          inet6アドレス: fe80::d250:99ff:fe3c:25a3/64 範囲:リンク
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:4563 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:4830 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:0 
          RXバイト:7946827 (7.9 MB)  TXバイト:773666 (773.6 KB)

eth0      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス d0:50:99:3c:25:a3  
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000 
          RXバイト:0 (0.0 B)  TXバイト:0 (0.0 B)
          割り込み:19 

lo        Link encap:ローカルループバック  
          inetアドレス:127.0.0.1  マスク:255.0.0.0
          inet6アドレス: ::1/128 範囲:ホスト
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:65536  メトリック:1
          RXパケット:286 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:286 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:0 
          RXバイト:22402 (22.4 KB)  TXバイト:22402 (22.4 KB)

virbr0    Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 42:cf:4d:83:47:95  
          inetアドレス:192.168.122.1  ブロードキャスト:192.168.122.255  マスク:255.255.255.0
          UP BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  メトリック:1
          RXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
          TXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
          衝突(Collisions):0 TXキュー長:0 
          RXバイト:0 (0.0 B)  TXバイト:0 (0.0 B)

KVMでOSをインストールすると赤枠のようにブリッジ接続が優先される
kvm01
以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください