1 views

実現する機能

Windows10の試用期限が迫ってきたので、Windowsライクに使える「Ubuntu(ウブントゥ)Desktop 日本語 Remix15.10 amd64」をWindowsの代用品として自分のパソコンに入れることにしました。
以下はその備忘録です。

事前準備

Ubuntu 15.10 インストールDVDの作成

Install手順

0.Ubuntu 15.10 インストールDVDを入れると下の画面になるので、試してからインストールするかどうかを決める方は赤枠の「Try Ubuntu without installing」を、インストールを決めている方はその下の「Install Ubuntu」を選択します。以下は「Try Ubuntu without installing」を選択した場合で説明しています。(画像をクリックすると拡大表示されます。以下同じ)
ubuntu00

1.使えそうだという感触が得られるまで試用したら、赤枠の「Ubuntu15.10のインストール」をクリックします。
ubuntu01

2.「日本語」が選択されていることを確認して、赤枠の「続ける」をクリックします。
ubuntu02

3.インストール可能かチェックをしますので赤枠の「続ける」をクリックします。
ubuntu03

4.外付けUSBバードディスクが接続されていると警告が出ます。赤枠の「はい」をクリックして、接続を解除します。
ubuntu04

5.UEFI対応ボードの場合、この警告がでるかもしれませんが、その場合は赤枠の「Continue in UEFI mode」をクリックします。
ubuntu05

6.OSをWindows10からUbuntuに丸ごと入れ替えるので赤枠1の「ディスクを削除してUbuntuをインストール」にチェックを入れ、赤枠2の「続ける」をクリックします。
ubuntu06

7.赤枠1がWindows10の入っているディスク、通常は「sda」であることを確認して、赤枠2の「インストール」をクリックします。
ubuntu07

8.ハードディスクの容量割り当てなどおまかせでいいなら赤枠の「続ける」をクリックします。自分で割り当てるなら「戻る」をクリックします。
ubuntu09

9.タイムゾーンが日本であることを確認して、赤枠の「続ける」をクリックします。
ubuntu10

10.日本語が選択されていることを確認して、赤枠2の「続ける」をクリックします。
ubuntu11

11.ユーザーIDやパスワードを設定して赤枠の「続ける」をクリックします。インストールが始まります。
ubuntu12

12.この画面になったらインストールは完了なので、赤枠の「今すぐ再起動する」をクリックします。
ubuntu13

13.再起動後にログインし、下図の画面が表示されれば成功です。
ubuntu-171

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください