1 views

実現する機能

Ubuntu16.04インストール直後にエラーが出ましたので、エラー潰しとセキュアな初期設定に迫られました。
以下は、その備忘録です。

エラーへの対処

(1) この画面が表示されたら、赤枠の「問題を報告する」をクリック。(画像はクリックすると拡大表示。以下同じ)

(2) この画面が表示されたら、UserIDのpasswordを赤枠1に入力して、赤枠2の「認証する」をクリック。

(3) この画面が表示されたら、赤枠の「続行」をクリック。

GNOME端末を使う準備

(4) 赤枠の「コンピュータを検索」アイコンをクリック。

(5) 赤枠に「端末」と入力すると、GNOME端末のアイコンが表示されますので、それをクリックします。

(6) GNOME端末が開きましたら、赤枠1の「編集」クリックし、表示される一覧から赤枠2の「プロファイルの設定」をクリック。

(7) 設定画面が表示されますので、赤枠1の「スクロール」タブをクリックし、赤枠2の「スクロールバックの限界値」のチェックを外す。

(8) 画面左端に表示されている「端末」アイコンを右クリックし、表示される一覧から「Launcherに登録」をクリックして、アイコンをデスクトップに常時表示させる。

GNOME端末を使っての初期設定作業

以下はGNOME端末を表示しています。紫色はキーボードから入力するコマンド(コピペした方が楽ですが、コマンドは覚えられません)、緑はコマンドや処理内容の説明、白は自動表示する部分、赤は注意書きです。「tu」部分はあなたのUser名に置き換えてください。コマンド入力後は「Enter」キー押下のこと。

# rootのパスワードを設定。sudoでは変更できない設定も多いため
tu@ubuntu:~$ sudo passwd root
# sudoを使うために、まずtuのパスワードを入力
[sudo] password for tu: 
# roorのパスワードを設定
新しい UNIX パスワードを入力してください: 
# 再度入力
新しい UNIX パスワードを再入力してください: 
passwd: パスワードは正しく更新されました

# rootでログインしてみる
tu@ubuntu:~$ su -
# 設定したrootのパスワードを入力
パスワード: 

# 「$」が「#」に変わったので、rootでログイン成功
root@ubuntu:~# 

Xenialなど古いアップデート情報の更新

(9) 赤枠1の検索iconをクリックして、表示される赤枠2の検索窓に「ソフトウェアとアップデート」と入力すると赤枠3の「ソフトウェアとアップデート」iconが表示されるので、それをクリック。

(10)「他のソフトウェア」tabをクリックして、表示される画面の赤枠1のチェックをすべて外し、赤枠2の「閉じる」をクリック。

(11) この画面が表示されるようなら、UserIDのpasswordを赤枠1に入力して、赤枠2の「認証する」をクリック。

(12) 表示される画面の赤枠1のチェックがすべて外れていることを確認して、赤枠2の「閉じる」をクリック。

(13) この画面が表示されたら、赤枠の「再読込」をクリック。

ソフトのアップデート&パッケージのアップグレード

# ファイルの最新化
root@ubuntu:~# apt-get update
...
...
102 kB を 1秒 で取得しました (59.5 kB/s)                                       
*** Error in `appstreamcli': double free or corruption (fasttop): 0x00000000007533f0 ***
...
...
Aborted (core dumped)
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
E: Problem executing scripts APT::Update::Post-Invoke-Success 
'if /usr/bin/test -w /var/cache/app-info -a -e /usr/bin/appstreamcli; 
then appstreamcli refresh > /dev/null; fi'
E: Sub-process returned an error code
appstreamcliエラーでupdateできず ?

# パッケージの最新化
root@ubuntu:~# apt-get -y upgrade
...
...
...
アップグレード: 559 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 27 個。
344 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 217 MB のディスク容量が消費されます。

# appstreamcliエラー対策。自動更新プロセスを一旦停止
root@ubuntu:~# killall -KILL apt.systemd.daily
apt.systemd.daily: no process found

# 「50appstream」ファイルの名称を一時的に変更
root@ubuntu:~# mv /etc/apt/apt.conf.d/50appstream /etc/apt/apt.conf.d/50appstream.disable

# ファイルの最新化
root@ubuntu:~# apt-get update
...
...
アップグレードできるパッケージが 19 個あります。表示するには 'apt list --upgradable' を実行してください。
N: ディレクトリ '/etc/apt/apt.conf.d/' の '50appstream.disable' が無効なファイル名拡張子を持っているため、無視します

# パッケージの最新化
root@ubuntu:~# apt-get -y upgrade
...
...
アップグレード: 19 個、新規インストール: 8 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
24.5 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 63.7 MB のディスク容量が消費されます。
...
...
N: ディレクトリ '/etc/apt/apt.conf.d/' の '50appstream.disable' が無効なファイル名拡張子を持っているため、無視します

# 「50appstream」ファイルの名称を元に戻す
root@ubuntu:~# mv /etc/apt/apt.conf.d/50appstream.disable /etc/apt/apt.conf.d/50appstream
 
# 再度update
root@ubuntu:~# apt-get update
...
...
...
13.9 MB を 9秒 で取得しました (1,458 kB/s)                                     
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています       
状態情報を読み取っています... 完了
パッケージはすべて最新です。

# 再起動
root@ubuntu:~# apt-get -y reboot

ウィルスソフトの追加

# ウィルスソフトの追加
root@ubuntu:~# aptitude -y install clamav
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  clamav clamav-base clamav-freshclam libclamav7 libllvm3.6v5
アップグレード: 0 個、新規インストール: 5 個、削除: 0 個、保留: 27 個。
9,113 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 36.8 MB のディスク容量が消費されます。
...
...

# freshclam.confファイルの編集
root@ubuntu:~# sed -i -e "s/^NotifyClamd/#NotifyClamd/g" /etc/clamav/freshclam.conf

# 最新定義への更新、するもエラー
root@ubuntu:~# freshclam
ERROR: /var/log/clamav/freshclam.log is locked by another process
ERROR: Problem with internal logger (UpdateLogFile = /var/log/clamav/freshclam.log).

# エラー修正作業。freshclam.logの削除
root@ubuntu:~# rm /var/log/clamav/freshclam.log

# タイムスタンプの変更
root@ubuntu:~# touch /var/log/clamav/freshclam.log

# freshclam.logへのアクセス権をclamavに変更
root@ubuntu:~# chown clamav:clamav /var/log/clamav/freshclam.log

# clamav-freshclamの編集
root@ubuntu:~# nano /etc/logrotate.d/clamav-freshclam
  GNU nano 2.5.3     ファイル: /etc/logrotate.d/clamav-freshclam                

/var/log/clamav/freshclam.log {
     rotate 12
     weekly
     compress
     delaycompress
     missingok
     create 640  clamav clamav
     postrotate
     if [ -d /run/systemd/system ]; then
         systemctl -q is-active clamav-freshclam && systemctl kill --signal=SIG$
     else
         /etc/init.d/clamav-freshclam reload-log > /dev/null || true
     fi
     endscript
     }
                            [ 16 行を読み込みます ]
^G ヘルプ    ^O Write Out ^W 移動      ^K 切り取り  ^J 両端揃え  ^C 位置
^X 終了      ^R 読み込み  ^\ 置換      ^U Uncut Text^T スペル確認^_ 行を指定
「Ctrl」+「X」キーを押下して終了

# 最新定義への更新
root@ubuntu:~# freshclam
ClamAV update process started at Sun Dec 31 01:57:38 2017
main.cvd is up to date (version: 58, sigs: 4566249, f-level: 60, builder: sigmgr)
daily.cvd is up to date (version: 24178, sigs: 1815699, f-level: 63, builder: neo)
bytecode.cvd is up to date (version: 319, sigs: 75, f-level: 63, builder: neo)

# 試しにhomeフォルダをスキャン
root@ubuntu:~# clamscan --infected --remove --recursive /home

----------- SCAN SUMMARY -----------
Known viruses: 6375990
Engine version: 0.99.2
Scanned directories: 94
Scanned files: 130
Infected files: 0 # ウイルス0
Data scanned: 3.08 MB
Data read: 2.16 MB (ratio 1.42:1)
Time: 31.659 sec (0 m 31 s)

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください