1 views

実現する機能

KVM(Kernel-based Virtual Machine) (ケーブイエム) は仮想化ソフトです。Windowsを搭載していたパソコンが壊れたので、サーバー機でCentOSとWindowsを同時に動かして使っています。KVM(仮想化環境)にWindows7をインストールする手順を紹介していなかったので、今回ここでご紹介します。

CentOSにWindows7をInstallする場合の事前準備

KVMが導入済みのこと

Windows7のインストール

1.1赤枠1をクリックして「日本語」を選択し、赤枠2の「次へ」をクリック(画像はクリックすると拡大します。以下同じ)
win7-01
2.赤枠の「今すぐインストール」をクリック
win7-02
3.赤枠1の「同意します」にチェックを入れ、赤枠2の「次へ」をクリック
win7-03
4.赤枠の「新規インストール」をクリック
win7-04
5.赤枠1でインストール場所に間違いが無いことを確認して、赤枠2の「次へ」をクリック
win7-05
6.赤枠1と2に名前とPC名を作成入力して、赤枠3の「次へ」をクリック
win7-06
7.他人がPCを使うことはないので、赤枠1は空欄のままにして赤枠2の「次へ」をクリック
win7-07
8.赤枠1にプロダクトキーを入力して、赤枠2の「次へ」をクリック
win7-08
9.赤枠の「推奨設定を使用します」をクリック
win7-09
10.赤枠1の日時が正しいことを確認して、赤枠2の「次へ」をクリック
win7-10
11.自宅にあるPCなので、赤枠の「ホームネットワーク」をクリック
win7-11
12.必要なら後で設定するので、「スキップ」をクリック
win7-12
13.あとは放置。Windowsのアップデート終了画面で止まるので、赤枠の「今すぐ再起動」をクリック
win7-13
14.再起動後、この画面になればインストールは成功
win7-14
15.無料のセキュリティソフト、Microsoft Essentialsを導入
16.Internet explorer を11にアップグレード

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください