1 views

実現する機能

外部から自宅サーバー「http://ufuso.dip.jp」にアクセスすると、プロバイダーから提供されているルーター(192.168.24.1)がちゃんと自宅サーバー(192.168.24.240)に繋いでくれますが、自宅のWindowsノートパソコン(192.168.24.3)から自宅サーバー「http://ufuso.dip.jp」にアクセスすると繋いでくれません。ドメインufuso.dip.jpがIPアドレス192.168.24.240と同じパソコンのものだよと教えてくれるDNSサーバー(BIND)が家庭内LAN(Local Area Network)には無いからです。

そこで、自宅サーバーに自宅のWindowsノートパソコンやiPhone5sからアクセスできるように自宅用のDNSサーバー(内部DNSサーバー)を構築してIPアドレス(192.168.24.240)だけではなく、ufuso.dip.jpでもアクセスできるようにしましたが、au光のルーターには内部DNSサーバーの情報を登録できる機能が無いので、自宅に3台あるWindowsパソコンの各々のhostsファイルに内部DNSサーバーの情報を設定する必要がありました。

今回はWindows7にhostsファイルを設定する方法をご紹介いたします。

事前準備

自宅用内部DNSサーバー構築(CentOS6.5 x86_64)Webサーバー構築・公開(Apache)が完了していること

導入手順

1.hostsファイルへ内部DNS情報を登録(名前解決)
(1)赤枠1の「スタート」アイコンをクリックして、表示される一覧から赤枠2の「すべてのプログラム」をクリック
host01

(2)赤枠の「アクセサリ」をクリック
host04

(3)赤枠1の「メモ帳」を右クリックして、表示される一覧から赤枠2の「管理者として実行」をクリック
host05

(4)メモ帳が開いたら赤枠1の「ファイル」をクリックして表示される一覧から赤枠2の「開く」をクリック
host09

(5)赤枠1の「 Windows > System32 > drivers > etc 」の順序でフォルダを開き、赤枠2で「すべてのファイル」を選択すると、赤枠3の「hosts」が表示されるのでクリックし赤枠4の「開く」をクリック
hosts02

(5)赤枠1の例示のように内部DNSサーバーのIPアドレスとドメイン名を入力し、赤枠2の「x」をクリックして「保存」する
host03

2.無線ランにDNSサーバーを登録
(1)赤枠1の無線ランのアイコンを右クリックし、表示される一覧から赤枠2の「ネットワークと共有センターを開く」をクリックし、開く別画面の赤枠3の「ワイヤレスネットワークの管理」をクリック
host06

(2)赤枠1の「アダプターのプロパティ」をクリックし、開く別画面の赤枠2の「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」をクリックし、赤枠3の「プロパティ」をクリック
host07

(3)赤枠1の「優先DNSサーバー」のIPアドレスに内部DNSサーバーのIPアドレスを入力し、赤枠2の「代替DNSサーバー」のIPアドレスにはルーターのIPアドレスを入力し、赤枠3の「OK」をクリック
host08

自宅から自宅サーバーのウェブサイトにアクセス(例示ではhttp://ufuso.dip.jp)して表示されればOK
host10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください