1 views

実現する機能

最もWindowsライクに使えるLinuxといえば、個人的には「Zorin」が断トツだと思っていますが、Windows 10 で使っているソフトがどの程度「Zorin」で動くのかを検証することにしました。将来的には無料のOSだけで起業できることを目指しています。CentOS 8 に KVM をInstallし、KVMでZorinを動かすので、KVMを使わない場合には、その部分を飛ばしてInstallしてください。Zorinはほぼ「Ubuntu(ウブントゥ)」と同じなので、Ubuntuユーザーなら楽に使いこなせると思います。私は現在CentOSユーザーなのでほとんど忘れています。
そこで、以下にZorin初体験の方向けの備忘録を残すことにしました。

事前準備

KVMの設定が済んでいること

Download手順

1.ここをクリックして、表示される画面を下にScrollさせてこの画面を表示し、赤枠の「Download Zorin OS」をクリック。(画像をクリックすると拡大表示。以下同じ)

2.表示される画面の赤枠からダウンロードするEditionを選びクリック。以下、「Education」を選択した場合で説明する。

3.表示される画面の赤枠「Download」をクリック。

4.表示される画面の赤枠「Skip to download」をクリック。

2.赤枠内青色どちらかの「Download …」をクリック。古いPCにInstallする場合は右側を選択のこと。

3.赤枠1の「ファイルを保存する」をクリックして、赤枠2の「OK」をクリック。

4.Firefoxでダウンロードする場合は、赤枠1の「↓」をクリックして、表示される画面の赤枠2でDownloadの状況を確認できる。

KVMでの設定手順

1. KVMを起動するため、赤枠1の「アプリケーション」をクリックし、表示される一覧から「システムツール」をクリック、さらに表示される一覧から赤枠3の「仮想マシンマネージャー」をクリック。

2.赤枠のアイコンをクリック。

3.赤枠の「ローカルの…」をクリックしてチェックを入れる。

4.赤枠「参照」をクリック。

5.赤枠の「ローカルを参照」をクリック。

6.赤枠1の「ダウンロード」、赤枠2の「Zorin-OS…」をクリック。

7.赤枠1のチェックをクリックして外し、赤枠2に「Generic…」をクリックして選択。

8.赤枠1でOS名を修正して、赤枠3の「完了」をクリック。赤枠2をクリックしてチェックを入れると、「完了」クリック後にカスタマイズ画面になる。赤枠4をクリックすると「NAT」が表示されるが、ここではKVMを使っているのでブリッジ接続にしてある。

ZorinのInstall手順

0. この画面が表示されるので、赤枠の「Try or Install Zorin OS」をクリック。

1. ZorinのInstall画面が表示されるので、赤枠1の「日本語」をクリックして、赤枠2の「Zorinをインストール」をクリック。

2. 赤枠1の「ZorinのInstall中にアップデート…」にチェックを入れ、赤枠2の「続ける」をクリック。

3. 仮想ディスク(やディスク内のデータを削除)の場合は、赤枠1の「ディスクを削除して…」を選んで、赤枠2の「インストール」をクリック。

4. 赤枠の「続ける」をクリック。

5. 赤枠1が「Tokyo」であることを確認し(違う場合には赤枠2でTokyoをクリック)、赤枠3の「続ける」をクリック。

6. 赤枠1、2とも「日本語」をクリック。

7. 赤枠1の各項目を設定して、赤枠2の各項目を選んで、赤枠3の「続ける」をクリック。

8. Installが終了したらこの画面になるので、赤枠の「今すぐ再起動する」をクリック。

9. デスクトップ画面が表示されればInstallは成功。赤枠をクリックして、各種設定に進む。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください