トップページ > ボケ対策 > 電動アシスト付き自転車でアンチエイジングを実践

電動アシスト付き自転車でアンチエイジングを実践

1,720 views

毎日の通勤に電動アシスト付き自転車を使うようになって2年近く経過しましたが、狙いどおり

肥満防止、ボケ防止、息切れ解消、不整脈激減効果

がありました。通勤は片道4キロ弱、平均時速は18キロ、所要時間は13分、消費カロリーは73キロカロリー(子供用ご飯茶碗の半分)程度ですが、やり方ひとつで効果はかなり違うようです。

私は身長173センチ、体重68キロでちょいと肥満ですが、

鼻歌交じりで自転車を漕ぐ程度の運動だけで2年間体重は維持

できています。食事制限は一切していません。

また、目まぐるしく変化する状況に頭も体も適確に反応しなければならない車の運転は、ボケ防止に最も高い効果があるといわれていますので、

原則車道を走行する自転車の運転も最大のボケ防止効果

が期待できます。今回は私のボケが進行していないので、効果ありという判断です。悪しからず・・・。

さらには、

首のヘルニア、腰痛、変形性膝関節症で膝痛持ちの私でも、上り坂でも楽に上がれる電動アシスト付きの自転車を使うと、痛みに悩まされることも無く有酸素運動ができる

のと同時に、

絶えずバランスを取る必要があるためウェストや二の腕が引き締まり、風を切って走る爽快感がストレス解消と熟睡効果

までありました。

効果的な自転車の乗り方は、ペダルの重さよりペダルを漕ぐ回数ですので、

ギアを軽めにしてペダルを漕ぐ回数を増やすとダイエットを始めすべての効果が最大

になります。

電動アシスト付き自転車での通勤は、図らずも運動と長生きの関係で述べた長寿の秘訣を実践する方法になっていました。生産中止で発売はされていないようですが、私にアンチエイジング効果をくれた我が愛車を紹介して終わります。

パナソニックの電動ハイブリッド自転車:エネループ バイクCY-SPJ220(R)

eneloop 購入価格は送料込みで約8万円
手元パネルスイッチなので高齢者でも操作が安全で楽
内装3段変速ギアなので、膝に負担がかからない
3灯高輝度LED搭載バッテリーライトは高速走行では役不足
自動車のトランクにでも積める折りたたみ式
ニッケル水素電池(24V-3.1Ah)は毎日充電が必要(今はリチウムイオン電池が主流)
1回の充電での走行距離 約12km程度
充電時間 約2時間15分(専用充電器使用時)
外形寸法 全長1,550mm×全幅580mm
折りたたみ時寸法 幅835mm×奥行520mm×高さ730mm
サドル高さ 780~960mm
タイヤサイズ 20×1.5HE
車両総質量 約18.5kg

最近の電動アシスト付き自転車一覧

「アシスト」と表示の無い電動自転車は公道を走れないので注意してください
インターネットで電動アシスト自転車を買うコツ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ参考になりましたら、クリックをお願いします。日本ブログ村に参加してます



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA