トップページ

PHP5.4を7.1にバージョンアップ(CentOS7.6)

4 views

実現する機能

WordPressの管理画面で、PHPをバージョンアップするよう求められたので、バージョンを一気に7.1に引き上げました。

以下は、バージョンアップまでの手順です。

事前準備

リポジトリの追加(remi、epel)が済んでいること。

PHPの更新手順

以下はGNOME端末を表示しています。紫色はキーボードから入力するコマンド(コピペした方が楽ですが、コマンドは覚えられません)、緑はコマンドや処理内容の説明、白は自動表示する部分、赤は注意書きです。「tu」部分はあなたのUser名に置き換えてください。

ユーザー(tu)を管理者(root)に変更。「tu」は例示。
[root@ufuso ~]#$ su -
管理者(root)のパスワードを入力。
パスワード:
最終ログイン: 2019/03/16 (土) 02:14:25 JST日時 pts/0

#現在インストールされているPHPファイルを確認。
[root@ufuso ~]# rpm -qa | grep php
php-xml-5.4.16-46.el7.x86_64
php-5.4.16-46.el7.x86_64
php-fpm-5.4.16-46.el7.x86_64
php-process-5.4.16-46.el7.x86_64
php-common-5.4.16-46.el7.x86_64
php-mbstring-5.4.16-46.el7.x86_64
php-pdo-5.4.16-46.el7.x86_64
php-cli-5.4.16-46.el7.x86_64
php-pear-1.9.4-21.el7.noarch
php-mysql-5.4.16-46.el7.x86_64

#現在インストールされているPHPファイルを削除。
[root@ufuso ~]# yum -y remove php-*
...
...
削除しました:
  php.x86_64 0:5.4.16-46.el7               php-cli.x86_64 0:5.4.16-46.el7       
  php-common.x86_64 0:5.4.16-46.el7        php-fpm.x86_64 0:5.4.16-46.el7       
  php-mbstring.x86_64 0:5.4.16-46.el7      php-mysql.x86_64 0:5.4.16-46.el7     
  php-pdo.x86_64 0:5.4.16-46.el7           php-pear.noarch 1:1.9.4-21.el7       
  php-process.x86_64 0:5.4.16-46.el7       php-xml.x86_64 0:5.4.16-46.el7       

完了しました!

#remi、epelのリポジトリから7.1のPHPをインストール。
[root@ufuso ~]# yum install -y  --enablerepo=epel,remi,remi-php71 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-xml php-mcrypt php-cli php-common php-mysql php-pear php-process php-pear php-fpm
インストール:
  php.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                                
  php-cli.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                            
  php-common.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                         
  php-devel.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                          
  php-fpm.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                            
  php-gd.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                             
  php-mbstring.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                       
  php-mcrypt.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                         
  php-mysqlnd.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                        
  php-pdo.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                            
  php-pear.noarch 1:1.10.9-1.el7.remi                                           
  php-process.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                        
  php-xml.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                            

依存性関連をインストールしました:
  autoconf.noarch 0:2.69-11.el7                                                 
  automake.noarch 0:1.13.4-3.el7                                                
  gd-last.x86_64 0:2.2.5-5.el7.remi                                             
  libmcrypt.x86_64 0:2.5.8-13.el7                                               
  m4.x86_64 0:1.4.16-10.el7                                                     
  perl-Test-Harness.noarch 0:3.28-3.el7                                         
  perl-Thread-Queue.noarch 0:3.02-2.el7                                         
  php-fedora-autoloader.noarch 0:1.0.0-1.el7.remi                               
  php-json.x86_64 0:7.1.27-1.el7.remi                                           

完了しました!

#Nginxを使っているので、これをstartさせないとWordPressは動かない。
[root@ufuso ~]# systemctl start php-fpm

#Nginxを使っているので、自動起動をONにする。
[root@ufuso ~]# systemctl enable php-fpm
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/php-fpm.service to /usr/lib/systemd/system/php-fpm.service.

WordPressが使える事を確認できれば、PHPのバージョンアップは無事終了。

以上



にほんブログ村 IT技術ブログへ←お役に立ちましたらクリックをお願いいたします。にほんブログ村IT技術ブログへ参加しています