730 views


■概要

WindowsのアップデートはMicrosoftから提供されますが、Scientific Linuxはいくつもの団体からアップデートが提供されています。しかし、それらの団体からアップデートの提供を受けるには設定が必要です。今回は、その設定方法です。

■RPMforgeリポジトリ導入

[root@ufuso ~]# yum -y install rpmforge-release ← RPMforgeのダウンロード
Setting up Install Process
Package rpmforge-release-0.5.2-2.el6.rf.x86_64 already installed and latest version
Nothing to do ← すでにダウンロード済み

[root@ufuso ~]# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo ← RPMforgeの編集
[rpmforge]
name = RHEL $releasever - RPMforge.net - dag
baseurl = http://apt.sw.be/redhat/el6/en/$basearch/rpmforge
mirrorlist = http://apt.sw.be/redhat/el6/en/mirrors-rpmforge
#mirrorlist = file:///etc/yum.repos.d/mirrors-rpmforge
enabled = 0 ← 0に変更

■EPELリポジトリ導入

[root@ufuso ~]#yum -y install epel-release ← EPELのダウンロード
Setting up Install Process
Package epel-release-6-5.noarch already installed and latest version
Nothing to do ← すでにダウンロード済み

[root@ufuso ~]# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo ← EPELの編集
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 6 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/6/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-6&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0 ← 0に変更

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください