1 views

■実現する機能

WordPressをUpgradeしたら、下図のようなエラー画面になりました。原因は、wp-config.phpファイルの設定誤りでした。原因解消まで時間がかかったので、以下に備忘録を残しています。

■wordpressの自動更新手順

GNOME端末でviコマンドを使う方法を理解しておくこと。以下の記述ではGNOME端末で表示された内容を表示しています。紫色はキーボードから入力するコマンド(コピペした方が楽ですが、コマンドは覚えられません)、緑はコマンドや処理内容の説明、白は自動表示する部分、赤は注意書きです。

ユーザー(tu)を管理者(root)に変更。「tu」は例示。

[tu@ufuso ~]$ su -

管理者(root)のパスワードを入力。入力したパスワードは表示されない。
パスワード:


#nginx.confファイルの文法エラーをチェックするが、ok,successfulなので問題無し。

[root@ufuso ~]# nginx -t

nginx: the configuration file /etc/nginx/nginx.conf syntax is ok
nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test is successful


#nginx.confファイルに問題がないので、次に最新のerror.logを開いて確認。50Xエラーを表示するファイルがないので、ファイルが無いよという404エラーファイルが表示されていることがわかった。

[root@ufuso ~]# tail /var/log/nginx/error.log

2020/09/13 18:02:25 [error] 11380#0: *78 open() “/usr/share/nginx/html/50x.html” failed (2: No such file or directory), client: 192.168.24.240, server: ufuso.dip.jp, request: “GET /wp-admin/ HTTP/1.1”, upstream: “fastcgi://unix:/run/php-fpm/www.sock”, host: “ufuso.dip.jp”


#50Xのエラーの場合、まずはphpを疑い、nginxで使用するphp-fpmフォルダを開いて最新のerror.logの所在を確認。

[root@ufuso ~]# ls -l /var/log/php-fpm



-rw-r–r–. 1 apache apache 432566 9月 13 03:18 www-error.log-20200913


#最新のエラーファイルであるwww-error.log-20200913ファイルを開いて、エラーの有無を確認。結局、wp-config.phpの構文ミスだと判明。該当部分をコピペして修正。wordpressのトップ画面が表示されたので解決。

[root@ufuso ~]# tail /var/log/php-fpm/www-error.log-20200913

[12-Sep-2020 18:18:31 UTC] PHP Parse error: syntax error, unexpected ‘direct’’ (T_STRING), expecting ‘)’ in /usr/share/nginx/html/wp-config.php on line 85

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください