1 views

実現する機能

自宅にCentOS 7.0 で Mail Serverを構築(Postfix+Dovecot)し、SquirrelMailで送受信していましたが、CentOSに付いてくるEvolutionを使ったことが無かったので利用してみました。今回はその備忘録です。

Evolutionのインストール

[root@ufuso ~]# yum -y install evolution ← Evolutionのインストール

Evolutionの設定

(1)赤枠1の「アプリケーション」をクリックして表示される一覧から赤枠2の「オフィス」をクリック、それで表示される一覧から赤枠3の「Evolution」をクリックします。
mail01
(2)赤枠1の「編集」をクリックして表示される一覧から赤枠2の「設定」をクリックします。
ssl01
(3)赤枠1の「メールのアカウント」をクリックして表示される画面から赤枠2の「追加」をクリックします。
mail10
(4)赤枠の「進む」をクリックします。
mail11
(5)赤枠1にメールで使う送信者名とメールアドレスを入力し、赤枠2の「進む」をクリックします。例示は、構築したメールサーバー(ufuso.dip.jp)のユーザー(tu)を追加します。もちろんyahoogoogleやhotmailのメールアドレスを登録することもできます。
mail12
(6)赤枠1に受信メールサーバー名を入力して、赤枠2の「進む」をクリックします。
mail13
(7)赤枠の「進む」をクリックします。
mail14
(8)赤枠1に送信メールサーバー名を入力して、赤枠2の「進む」をクリックします。
mail15
(9)赤枠1に自動入力された名称を必要なら変更して、赤枠2の「進む」をクリックします。
mail16
(10)赤枠の「適用」をクリックして、設定を保存します。
mail17
(11)赤枠1にメールアドレスが登録されていることを確認して、赤枠2の「閉じる」をクリックします。
mail18
(12)9の赤枠1で自動入力されていた名称がここで使用されます。
mail19
(13)赤枠1の「新規」をクリックしてメールを作成します。赤枠2の差出人はあえて自前で構築したメールサーバーのユーザーtuとし、赤枠3の宛先を私のyahooメール、Googleメール、マイクロソフトのHotmail、auのスマホメールとし、赤枠4の「送信」をクリックします。
mail21
(14)赤枠1のメールを代表して開封しますと、赤枠2のように自前のメールサーバーから無事送信できたことが確認できます。
mail22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください